FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://combataircraft.blog.fc2.com/tb.php/66-6c5b5014

トラックバック

[T1] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2018-08-07 19:01

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

潜水艦の種類

前回に続いて、潜水艦ネタです。
潜水艦トリミング
『メインテーマはジェット戦闘機じゃなかったのか?』
というお叱りを予想しつつ‥。

現代の潜水艦は大きく分けると4種類です。
『弾道ミサイル搭載』『攻撃型』で2種類、
それぞれが
『原子力推進』『通常動力型』に分かれて
合計4種類です。

ただ、通常動力型の弾道ミサイル搭載潜水艦は、
旧ソ連と中国で使用実績がある程度で、
あまり実用化されていません。

潜航可能時間、距離が短く、航続距離そのものも
限界があるため、弾道ミサイルを搭載しての
パトロールに使うには、制限が多すぎたと言えます。


『原子力推進』方式は、原子力を使っていることで
空気を必要とせず、結果として潜航時間の制限が
なくなるので、原子力技術を有する弾道ミサイル保有国は、
弾道ミサイル搭載原子力潜水艦を使用しています。

攻撃型潜水艦は、潜水艦、空母を始めとする水上艦艇への
攻撃のほか、巡航ミサイルを搭載して地上目標の攻撃にも
使用されます。

潜航したまま長距離を高速で移動できるので、外洋域での
運用に多く使用されます。ただ、高速の場合は音が大きくなり、
発見されやすくなるため、新造時及び定期整備後の
試運転を除いてはほとんど実績がないものと考えられます。


攻撃型の通常動力型潜水艦は、
日本を含め多くの国で運用されているものです。
潜航時間の制限もあるため主として沿岸域で活動しますが、
エンジンを止めた場合の静粛性は原子力推進とは比較に
ならないほど優れています。

最近は日本の『そうりゅう型』で採用された
非大気依存推進(AIP)機関の登場で、原子力推進との差が
小さくなり、外洋での活動の必要性が低い国においては、
攻撃型については通常動力型潜水艦が主力になると
言われています。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://combataircraft.blog.fc2.com/tb.php/66-6c5b5014

トラックバック

[T1] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2018-08-07 19:01

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。